夏と海と空と鯉
夏と海と空と広島カープが大好きなオヤジによる雑記帳です。
携帯からも同じアドレスで携帯版にアクセスできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
追いかけて準ホーム戦線へ!
先制されて、そのままズルズル負けないのが今年のスタイル。
3点のビハインドを一度は、いつもの粘りで追いついたが、
最後は寄り切られた。
いったん4位後退。


2008年9月29日 セ・リーグ 甲子園
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3
阪神 0 1 0 2 0 0 0 2 x 5
投 手
広島 青木高 —広池 —上野
阪神 石川 —アッチソン —ウィリアムス —藤川
   
【勝】 藤川 8勝 1敗 36S
【負】 上野 2勝 2敗 0S
広島 35 3 10 3 10 4 0 0 0 .272

打率
阪神 32 5 10 5 4 2 1 0 0 .270

▽本塁打 今岡7号(1)(青木高)=2回、金本25号(2)(上野)=8回▽二塁打 シーボル、アレックス▽犠打 平野▽残塁 広9神6▽併殺 広1(青木高—シーボル—栗原)今岡=4回、神2(今岡—矢野—今岡—石川)栗原=1回(鳥谷—関本—新井)石原=2回▽捕逸 矢野=4回 ▽審判(球)友寄、吉本、土山、真鍋 ▽試合時間 3時間1分(中断3分)



試合を振り返るとすれば、
初回の0アウト満塁から無得点が痛かったですね。
ただ、栗原の当たりも惜しくて、
その後の打席で結果を出したので、責めたくはない。

そこで点が入らず嫌な流れになって
相手に先に点を取られて、さらに突き放されたのに、
でも、そこから一旦は追いついた粘りは見事だった!


この粘りがあれば、大丈夫!


さぁ、ここから粘ろう!
食らいついて行くぞぉ!


幸いにも、この先は、ホームの雰囲気で戦える関東戦線!


青い球場で、赤い3塁側が力をくれるはず!!


竜の背中を追いかけて、
関東で追い越す!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://summersea723.blog15.fc2.com/tb.php/1126-0576f634

この記事へのトラックバック
追いついても勝ち越しきれない だから ・・・ 悔しい。 「あと1球」コール、 あれ、 相手に対するリスペクトを感じないから ラジオから聞こえてくるとうんざりする。 ま、 ABCラジオの解説:吉田義男さん と アナウンサーは タイガース一辺倒でない...
2008/09/30(火) 14:18:19 | (まめ)たぬきの雑記
copyright ? 2005 夏と海と空と鯉 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。