夏と海と空と鯉
夏と海と空と広島カープが大好きなオヤジによる雑記帳です。
携帯からも同じアドレスで携帯版にアクセスできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
砂浜を守れ!
宮崎に越してきて、まず第一に大好きになったのは

宮崎の

そのがピンチになっている。

詳しくは下記のリンクから、経過をご確認ください。

砂浜を守れ!

宮崎サーフガイド


発端は去年の台風による海岸浸食。
高波によってあちこちの堤防が壊れたり、砂浜が削られた。

宮崎市内の赤江浜もその一つ。
砂浜の浸食と防風林、その向こうにある農作物を守ろうという名目で、この浜に人工リーフを投入しようという工事が進もうとしている。
でも、人工リーフを投入すると、今のようなきれいな波は立たなくなるし、生態系を壊したり、砂浜がより浸食される恐れすらある。

と、オイラは理解しているのだが、間違っていたら指摘してください。

昔から環境問題には興味が深く、
こういった行政の対応にはいつもイライラする。

なにか裏でカネが動いているような
きな臭さを感じてしまうのは考え過ぎだろうか。。。



この浜は、とてもきれいな波が立つ。

サーファーの皆さんにはたまらない場所なんだと思う。

オイラ夫婦もナッツも、サーフィンは出来ないけれど、
近くのファストフードで昼ご飯を買って行き、
そんな皆さんを見たり(オカサーファー)、
ただぼーっと海を眺めたり、波の音を聞いたり、
波打ち際で遊んだり、大好きな場所だった。

何でもそうだけど、人工のものを一旦造ってしまうと、
せっかく長い年月をかけて自然が築き上げてきた「美しさ」が、
一瞬にして崩れさる。
そして、同じ美しさを取り返すには、再び長い年月が必要になるし、
もしかしたら二度と戻らないかもしれない。

もちろん、人が暮らして行く上で必要なものもたくさんある訳で、
多くのものは否定しないけれど、
十分に考え抜いて、議論を尽くす必要があると思う。

今回のこの工事、ホントに十分に議論は尽くされたのだろうか?
より現在の美しさを残すために他の方法はないだろうか?
上のページで、様々な別の方法も示されている。

一個人のブログにて紹介した所で
影響はたかが知れているとは分かっているけれど、
海好きの我が家としては黙ってられない。


上記「砂浜を守れ!」にて、
砂浜を守るための運動資金に使われる
ステッカーリストバンドが販売されています。
また、活動資金のカンパも募集されています。



海が好きな方、自然が好きな方、宮崎が好きな方、、、

とにかく興味を持たれた方、



ぜひ、運動に参加してください。


次の世代にも、きれいな海を見せてやりましょう!


追記:こちらの工事の様子は、
   『南の楽園』宮崎波情報シーサイドライブカメラサイト
   木崎浜を選択していただくとライブでみることができます。
以下、砂浜を守れ!様のブログからの引用です。


「赤江浜を守る会」では、県と対等に戦うため、裁判費用などの資金が必要になり、この動きに賛同して頂ける方からのカンパを募っています。
宮崎市に在住の方は、この運動に参加しているサーフショップ及びその他店舗(後日公表します)にてお願いします。

その他、遠方の方はお手数ですが、銀行振込でお願いします。
尚、分からない事は下記のアドレスまで
アドレス・・ jokersurf@jp.bigplanet.com

カンパ振り先 宮崎銀行 住吉支店 
 普通 47878 店番 145
 赤江浜を守る会 

この運動で、今までの護岸工事のあり方を徹底的にたたき、私達の大切な海、本当にたくさんの人が楽しめる海を取り戻しましょう!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
赤江浜の工事について
こんにちは、はじめまして。
私は、現在大学院で「流体力学」という、水や空気などの流れを扱う学問を専攻しています。そこで、理論的、工学的な立場から今回の赤江浜の工事に対する反対文書を作りました。なぜ工事に至ったのか、なぜその工法がいけないのかという部分をなるべく分かりやすくまとめたつもりなので、もしよければ読んでいただきたいと思います。
メールをいただければ、ファイルを添付して返信します。
この工事、なんとしても止めたいです。
ご協力よろしくお願いします。
2005/12/09(金) 18:18:02 | URL | nobukof #-[ 編集]
うーん。
むずかしい問題ですよね。
人間と自然の共存。

十数年前、石垣島の白保地区の海岸に、
新空港を建設するという話が持ち上がり、
住民やメディアが大反対して中止に(?)になりましたよね。
工事で赤土が流出すると、サンゴが死んでしまうんですよね。
私は3回くらい白保の海をシュノーケルでパシャパシャしましたけど、
ものすごくきれいでしたよ~。
魚が手を伸ばせば触れるところを泳いでるんですよ~。

白保の例は、レジャー目的みえみえなので、
参考にはならないのですが、
今回の問題は複雑ですね。
今は、自然災害がおこると行政の責任が問われる時代ですから、
まあお金のこともあるんでしょうけど、
災害から、人や農作物を守るのが行政の役目だと思ってる人がたくさんいる。
その一方で、景観の問題や環境の問題やら・・・。

でも、
やはりむやみに自然にメスを入れるのは良くないですよね。
ナッツちゃんくらいのこどもたちが大人になっても同じ海が見られるように、
常に関心を持っていないといけないなあと思いました。
白保の時代はインターネットも普及してないし、ブログなんてのもなかったのに、あれだけ全国で話題にできたんだから、
今の時代、ブログを使って問題提起していくのもひとつの手ですよね。

あーでもホントむずかしい問題です。
まとまりもなく長々とコメントしてしまいました。
スミマセン(^^;
2005/12/10(土) 11:55:13 | URL | あっころ #gVQMq6Z2[ 編集]
>nobukofさん、あっころさん
> nobukofさん
興味あります。
ご連絡しますね。

>あっころさん
今回の場合、行政が十分に吟味せずに後方を決めてしまっていることが、問題視されているように感じます。
つまり、何らかの対策は必要なのだけど、砂浜や農作物も含めて、守っていくための最善の方法ではないところに、この反対運動があると理解しています。
2005/12/10(土) 16:42:01 | URL | Summersea723 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://summersea723.blog15.fc2.com/tb.php/235-28cee6bb

この記事へのトラックバック
copyright ? 2005 夏と海と空と鯉 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。