夏と海と空と鯉
夏と海と空と広島カープが大好きなオヤジによる雑記帳です。
携帯からも同じアドレスで携帯版にアクセスできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
【写真レポ】フェニックスリーグ  vsロッテ10/16

火曜日は、時間限定の7回途中までの観戦でした。
先発はマエケンとの事前情報で、
ワクワクしながら序盤はネット裏かぶりつきで観戦♪


結果は


千葉 000 100 710 9
広島 010 002 040 7


でしたが、6回まではとても楽しめました。
じっくり見たかった投手がたっぷり見れてそれだけでも大満足。


投手:前田健、金城、山中、小島、カリダ、マルテ

スタメンは以下の通り。
c_20071016_001s.jpg

このリーグ戦でずっとファーストだった甲斐君が
サードに入ったのにまず驚き!さらに満足度アップ。
1回表
先発はマエケン。

c_20071016_026s.jpgc_20071016_027s.jpg
c_20071016_028s.jpgc_20071016_029s.jpg
c_20071016_030s.jpgc_20071016_031s.jpg
c_20071016_032s.jpg


 先頭打者は、セカンドゴロ。
c_20071016_034s.jpg


 つづいて、今リーグ
 はじめてサードに入った
 甲斐君のもとへフライでアウト。

  と、簡単に2アウトになりましたが、

3番打者にカウント1−3から
外の高めの球をレフトライン際に深く弾き返されて2ベース。

c_20071016_060s.jpg
すんなり終わるかと思っていたのに、
初回から意外なピンチとなって、
こんなにかぶりつきでハラハラ。



続く4番南には、2−2からピッチャー返しで
前健のグラブをはじかれるものの、
高明が猛チャージして
セカンドベース前にぼてぼてと転がる球をカットしてアウトにした。
高明の好プレーでもあり、
前健がグラブに当てていなかったらセンターに抜けて、
先制点を許していたシーンだった。


1回裏
c_20071016_062s.jpgc_20071016_066s.jpg
c_20071016_070s.jpg
トップバッター鈴木くんは、
2−0から外の変化球で空振り三振。

高明は
2−2−から低めのストレートに
空振り三振。

相手ピッチャーストライク先行で
こりゃ手強そう。

ここで、我らが天谷んが、セーフティーバントを試みる。
3塁側に転がしたが、ピッチャーの守備範囲で、ファーストに送球。
ネット裏から見てたら、完全にセーフのタイミングだったが、
判定はアウト。お~~~~~~~~~~い!!天谷んも不満そう。
何とか、リズムを崩そうとした試みは良かったし、成功してたし・・・
あきらめの悪いオイラ。。。



2回表

c_20071016_075s.jpgc_20071016_080s.jpg

力投のマエケン。
この回の先頭打者を0−2からサードゴロ。
甲斐君のファースト送球が少しそれて、
比嘉くんがジャンピングキャッチとなるが、
打者走者にタッチ成功。1アウト。
続く6番打者は、2−1からボテボテのショートゴロ。
7番位は2−0と追い込んでから粘られて2−2となり、
最後はストレートを詰まりながら、センター前に運ばれる。
さらに0−1からストレートをレフト前ヒットとされて、2アウト12塁。
再び得点圏にランナーを置いた。
続く打者の1−1から投げたフォークがワンバウンド。
これを上村が左前に弾いてランナーが進塁を試みるが、
上村は冷静に拾って3塁へ送球し、タッチアウトでピンチをしのぐ。



2回裏
この回、先頭は甲斐選手。
日曜日は迷いがあるようなスイングだったんですが、
月曜日の試合で2安打して、調子を取り戻して来たようなので、期待。

c_20071016_088s.jpgc_20071016_093s.jpg

んで、いきなり期待に応えてくれました。
この回も2−1とストライク先行で来たんですが、
4球目を素直にセンター前にライナーで弾き返し、チーム初安打。
塁上の表情も明るいです。

c_20071016_094s.jpg
続くは比嘉。
1−2から甲斐君がスタートを切り
エンドラン。
ランナーのスタートを見て
2塁手がセカンドベースカバーのため
広く空いた12塁間に
流して奇麗に打球を転がし、
ライト前ヒット。

c_20071016_099s.jpgc_20071016_100s.jpg

理想的なエンドランが決まり、0アウト13塁。

c_20071016_105s.jpg
ベンチからは、上げて行け!
の声が聞こえていましたが、、、


続く中谷くん、
最悪のショートゴロ6−4−3。

ただし、
ファーストのタイミングは
完全にセーフでした。
1塁審判、きょう2回目。

併殺の間に甲斐君が先制のホームイン。

c_20071016_111s.jpgc_20071016_113s.jpg

続く芳彦は痛烈なピッチャー返しで、
投手のグラブを弾き、ショートへの内野安打。
吉田圭ちゃんの初球に芳彦は盗塁を試みて、
タイミングはアウトっぽかったが、判定はセーフ。
ナイススライディング^^;
2アウトから作れたチャンスでしたが、
圭ちゃんはサードフライに倒れてチェンジ。



3回表
味方が先制した直後、さくっと終わって
流れを一気に持ってきたいイニングでしたが、
この日のマエケンは、変化球が高めに浮き、
ストレートも伸びが弱く、素直に入って来ていました。
(球場に表示される急速もストレートで130キロ代後半)
c_20071016_117s.jpg
先頭打者に、高めの初球を
いきなり左中間フェンス、
しかもラバーフェンスの上の
金網を直撃する
2ベースを浴びてしまいます。
打った瞬間は、言ったかな?
と思うような
大きなサンマリンだから、
フェンスオーバーしなかった
と言う当たり。

続く打者は一番に帰って、1−0からセンター前へのポテンヒットで
0アウト13塁。1点覚悟の場面。
c_20071016_119s.jpg
しかし、2番バッターは
やや前進守備の甲斐君への
緩いサードゴロ。
セカンドに送球して、
セカンドのみホースアウト。
3塁ランナーは突っ込めず、
なおも1アウト13塁。
続く3番打者には
前の打席で2ベースを打たれていたが、
サードフライに打ち取り2アウト。
迎える打者は4番南。1−1から1塁ランナーが盗塁し2アウト23塁。
フルカウントとなって投じたカーブが高めに浮いて、満塁。
5番細谷はショートゴロに打ち取り、
セカンドホースアウトでこのピンチを切り向けた。
この細谷に対しては2−1からスライダーを投げたが、
その時にマエケン、「おりゃ」という声が聞こえるほど、気合い満点でした。
気持ちで切り抜けた。



3回裏
c_20071016_127s.jpg
上村は2−0から
低めの変化球に空振り三振。
c_20071016_133s.jpg
鈴木は
サードファールフライ。
c_20071016_135s.jpg
高明はライトフライ。

と、

簡単に三者凡退。

あ、この回から、ちょっと角度が変わったと、お気づきですかね。

c_20071016_137.jpgc_20071016_139s.jpg

ネット裏は正面からの直射日光が激しく、
1回席最上段の影に避難しました^^;
それにしても、総天然芝、3万人収容のきれいな球場です。



4回表
c_20071016_143s.jpg
そんな避難したオイラの責任じゃ
ないと思いますが、、、、


この回先頭の定岡に、
初球でいきなりライトオーバーの
ソロホームランを浴びてしまいました。
ここまで粘っていたのに残念。
c_20071016_146s.jpg
続く打者にも初球を
ライト前に奇麗にヒットされて、
上村くんがたまらずタイムをかけて
間を取りました。

コレが効いたのか、
次の打者をボテボテのサードゴロ。
甲斐君が猛ダッシュで掴んで
5−4−3と渡りましたが、
3はセーフでした。
c_20071016_161s.jpgc_20071016_167s.jpg

同じタイミングで2回ほどカープはアウトになったんですけどね・・・
続く打者はショートゴロで、今度は6−4−3の併殺が成立し、チェンジ。



4回裏
c_20071016_169s.jpg
さて、天谷んの2打席目。
がつん!
と言うのを期待したんですが、
1−3から外のたまに手が出て
サードファールフライ。
c_20071016_176s.jpg甲斐君は0−3から
積極的にきっちり捉えて
良い当たりを放ちますが、、、


この写真の続きは、


センターの守備範囲で、
センターライナー。
c_20071016_178s.jpg
比嘉くんは、
0−1からセンター前ヒット。
2打数2安打。

しかし続く中谷は
右中間よりのライトライナー。



5回表
c_20071016_182s.jpgc_20071016_183s.jpg

この回は、マエケンが本領発揮。
ショートゴロ、1−3からセカンドゴロ、二遊間へのセカンドゴロで
簡単に三者凡退に退けて、お役目御免。
悪いなりに1失点に抑える当たりは、すごいなぁと思う。
後から出てくる投手がアレだっただけに・・・



5回裏
c_20071016_184s.jpg
芳彦は
サードファールフライ。

なんかサードフライ多いなぁ。。。
c_20071016_186s.jpgc_20071016_187s.jpg

吉田圭ちゃんは、バットの先に当たるボテボテのサードゴロ。
しかし、このファースト送球が浮いて、送球エラーで出塁。
上村がレフトフライで2アウト1塁。

c_20071016_190s.jpg
先発を勝ち取っている
鈴木くんですが、
レフト前への平凡なフライで
チェンジ。



c_20071016_192s.jpg
全国の末永ファンの皆さん、
こんにちは。

守備交代の時に
外野とのキャッチボールで
末永くんが登場したので
サービスショット^o^



6回表
ピッチャーは金城に交代。

c_20071016_199s.jpgc_20071016_200s.jpg
c_20071016_201s.jpgc_20071016_202s.jpg

0−1からレフトライナー、センター奥深い所へのセンターフライ、
1−3からライトライナーと、すべて良い当たりをされたが、
守備範囲に収まって3人で抑えた。
四球を出さないのは大事です。

c_20071016_219s.jpg
前の試合のレポで書きましたが、
前のミスで徹底的に
下がりながらの捕球練習をした
鈴木くん。

この回の守備で
その練習成果を確認できました。




6回裏
c_20071016_223s.jpgc_20071016_226s.jpg
c_20071016_231s.jpg
先頭の高明は、
セーフティーの構えを見せて
揺さぶったりしながら、
結局2−3からセンター前ヒット。
詰まっていたが、
奇麗にセンター前に落ちた。

つづく天谷んの打席では
2球目にエンドランをかけましたが、
天谷んは浅いレフトフライ。
天谷ん、悔しそうでした。

c_20071016_233s.jpgc_20071016_234s.jpg

甲斐君は初球をレフト前にライナーで運び、

c_20071016_237s.jpgc_20071016_238s.jpg
c_20071016_239s.jpg
 比嘉くんも
 レフト前ヒットで続いて、
 1アウト満塁。

 比嘉は、猛打賞。
c_20071016_241s.jpg
 この絶好のチャンスで
 中谷はファーストファールフライ。


 しかし、オイラが
 毎試合目撃している物が
 この試合でも見れました。

そう、芳彦の打点。

c_20071016_248s.jpgc_20071016_250s.jpg

レフト前にしぶとく落とすタイムリーヒットで
2塁ランナーの甲斐君まで生還し、2点勝ち越し。
つづく、上村くんは、右中間への大きな当たりでしたが、
相手ライト南の好プレーに阻まれました。



7回表
c_20071016_260s.jpgc_20071016_261s.jpg
c_20071016_262s.jpgc_20071016_263s.jpg

マウンドに上がったのは山中。
センター前ヒット、ライト前ヒットとランナーを貯めて、
ボール先行すんなよ、と思ってたら、あっという間にストレートの四球。
1アウトも取れず、降板。
火消し役を任せられたのは、小島。

c_20071016_297s.jpgc_20071016_298s.jpgc_20071016_299s.jpgc_20071016_300s.jpg
c_20071016_301s.jpgc_20071016_302s.jpg


アピールしたい小島でしたが、、、、


あまり書きたくないので、
 
c_20071016_292s.jpg
投手交代の際に
キャッチボールに出て来た天谷ん。
まだ、肩が完治していないようで
このリーグでも
守備機会はないんですが、
このキャッチボールの最中も
肩を確認する仕草をしながら
投げていました。

で、小島くん。

変わりっぱなで0−3とボールが先行し、一つストライクをとるが、
12塁間を抜けそうな当たりを打たれ、
中谷がよく飛びついて捕ったけど、どこにも投げられず、
タイムリー内野安打。
さらにセンターオーバーの2点タイムリーを浴びて逆転を許し、
次の打者はスクイズを失敗するなどしてフルカウントにするも
粘られて四球で歩かせて再び満塁。
1アウトも取れず、降板。

育成選手の山中は仕方ないにしても、
小島がこれではがっかり。
山中もこの内容を続けていては、
支配下登録を勝ち取るのはもう少し先になりそう。

続いて、マウンドに上がったのはカリダでしたが、
オイラはここで時間の都合上、退席。

帰り際に通路から覗くと、レフトへライナー性の当たりを打たれて、
レフトが下がりながらの捕球をミスし、追加点を許してました。

カリダは火に油を注ぎに出て来たようで、結局、この回7失点。


しかし、この後打線はまだ粘って、
上村の3ランなどで、2点差まで追い上げたみたいです。
上村は力を付けて来てますね。
それと、マルテが球場の球速表示で158キロを出したとか。
ああああ、見たかった!!!



試合結果に目をつぶると、
個人的には、甲斐君が日曜日とは別人のように
元気に打って走り回っていたのを見れたのが大収穫でした。

あとは天谷んにも調子を上げて来て欲しいところ。


次回は土曜日に途中まで観戦予定です。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
フェニックスレポ楽しませてもらってます。写真が細かくたくさんあるので、とても楽しい♪。

しかしマエケン、調子はかなり落ち気味のようなのに、素晴らしいフォームですね。下半身が必要な時に伸びるし粘りがあって、いいタメができています。来季間違いなく1軍戦力。彼を育てられなかったらかなり恥ずかしいと思います。
2007/10/17(水) 22:40:10 | URL | ガビー #-[ 編集]
>ガビーさん
ありがとうございます!!
でも、あと2試合見たんですが、どうも残り2試合のレポがお蔵入りしそうです(汗)すみませぬ・・・

はい、来季は絶対に開幕一軍です。
ローテの中で育てるくらいでも良いと思うし、その力もあると思います。

2007/11/06(火) 08:54:08 | URL | 夏鯉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://summersea723.blog15.fc2.com/tb.php/924-3227d0b7

この記事へのトラックバック
copyright ? 2005 夏と海と空と鯉 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。