夏と海と空と鯉
夏と海と空と広島カープが大好きなオヤジによる雑記帳です。
携帯からも同じアドレスで携帯版にアクセスできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
ギアチェンジ
建さんとルイスのおかげで勝ち越し。
この三連戦は、
噛み合ない
沈黙
噛み合う。
の3試合でした。
どっかでギアチェンジがあったな。


2008年4月18日 セ・リーグ 広島
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 0 3 0 0 2 0 0 5
広島 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1



2008年4月19日 セ・リーグ 広島
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
広島 0 0 0 0 1 0 0 0 x 1


2008年4月20日 セ・リーグ 広島
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
広島 0 1 0 0 3 1 0 0 x 5
4月18日
投 手
巨人 高橋尚 —西村健 —門倉 —山口 —豊田
広島 大竹7 —コズロースキー 1 —永川1
   
【勝】 高橋尚 1勝 2敗 0S
【負】 大竹 0勝 3敗 0S
巨人 40 5 14 4 5 3 2 0 0 .225

打率
広島 32 1 7 1 8 1 1 0 1 .273

▽三塁打 亀井▽二塁打 ゴンザレス2、古城▽犠打 亀井、阿部、赤松▽残塁 巨13広6▽併殺 巨0広0▽暴投 大竹=5回▽与死球 永川(古城)=9回 ▽審判(球)吉本、真鍋、本田、渡田 ▽試合時間 2時間44分


4月19日
投 手
巨人 木佐貫
広島 高橋
   
【勝】 高橋 2勝 1敗 0S
【負】 木佐貫 2勝 1敗 0S
巨人 29 0 5 0 5 1 0 1 2 .222

打率
広島 26 1 3 1 7 3 0 0 0 .266

▽本塁打 シーボル3号(1)(木佐貫)=5回▽盗塁 坂本(2)▽残塁 巨3広4▽併殺 巨2(坂本—小笠原)高橋=5回(坂本—ゴンザレス—小笠原)前田智=6回、広2(東出—梵—栗原)2古城=3回、小笠原=4回▽暴投 木佐貫=3回 ▽審判(球)渡田、杉永、真鍋、本田 ▽試合時間 2時間6分


4月20日
投 手
巨人 上原 —栂野 —藤田 —門倉
広島 ルイス7 —横山0.1 —コズロースキー0.2 —梅津1
   
【勝】 ルイス 3勝 2敗 0S
【負】 上原 0勝 3敗 0S
【S】 梅津 0勝 0敗 1S
巨人 32 4 5 4 9 1 1 0 0 .219

打率
広島 31 5 9 5 3 3 2 0 1 .268

▽本塁打 小笠原4号(2)(ルイス)=1回、石原2号(1)(栂野)=6回、古城2号(2)(横山)=8回▽二塁打 石原、シーボル▽犠打亀井、ルイス▽犠飛 前田智▽残塁 巨3広7▽併殺 巨0広0▽与死球 ルイス(阿部)=2回 ▽審判(球)本田、吉本、杉永、真鍋 ▽試合時間 2時間38分


建さんの5年ぶりの完封には正直びっくり。
でも、続投させたマーティーナイスです。
開幕戦で、大竹も続投させてれば、今頃調子に乗ってたかも。
なんて思うのはファンの勝手な心理で、
思っても仕方の無いことですが、
大竹が勝てないのは、なんとももどかしい。

エースが勝っていかないと、チームに安定感のある勢いが出ない。
大竹の時に打線が援護出来ないのは、
相手も良い投手が出て来ているからで、
大竹が他のチームにも認められてる証拠ともとれる。

ただ、守りで足を引っ張っては欲しくないね。
天谷んのエラーになったレフト前のフライは、
梵ちゃんの相変わらずの深追いが招いた一因だけど、
グローブに入ったのを落としたらいかん。

そんなことはオイラが書くまでもなく、天谷んが一番悔しかったはず。
キャンプでも、
あそこのフライの練習を繰り返しやっているのも見てたし。

その分を天谷んはバットと日曜日の好守で取り返したかな。
左中間深い所の打球を敗走しながらジャンピングキャッチ。
そのまま勢いでフェンスにぶつかりながら、球を離さなかった。
これで試合の流れを引き寄せた。
東出もセンター前に抜けそうな打球を
1塁でアウトにするファインプレーで続いて、その裏に逆転。
投手が頑張って投げたリズムを守りで流れを引き寄せ、
そのままの流れで一気に逆転した。
野球ってみんなでやるもんなんだなぁ、ってのを改めて実感。

一つのプレーでベンチの雰囲気が良くなり、流れを変えられる。
天谷んの魅力の一つ。
良くも悪くも、流れを作れる。
そして今の課題は、とにかく初回の出塁!
これで流れを作って欲しい。

そんな流れを
無視したようなルイスの交代でまた流れが変わったけど、
コズと梅津が踏ん張った。

ルイスもこれまで守備に足を引っ張られたり、
我慢の日々だったけど、力投が報われた。
そう言う訳だから、大竹も頑張れ!
野手もそのうち援護してくれるさぁ!!
次の大竹登板試合は、
野手の皆さん、集中力120%でお願いします!!

さてさて、打撃の低調が続いてたシーボッ。
きのうのスタンディングダブルと、
建さんを勝たせたソロHRを見てると
ちょっと上向いて来たかなと感じられる。
でも、彼の打順は6番か7番くらいが良さそう。
ランナーがいないときの方が良いバッティングが出来てるし。
逆に2番東出は、賛成です。
赤松を先発させないときは2番東出でいってほしい。

ウェスタンでは、現在首位に半ゲーム差の2位。
野手の層が分厚くなったのが、去年のダントツ最下位から
この位置に上がって来れた所以でしょう。
なんてったって、廣瀬がいるんだし!!
松山も打点リーグトップみたいだし。
調子の上がらない選手は、いつでも入れ替え準備完了してます。

2軍も含めたALL-IN!!で連勝伸ばすぞ!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://summersea723.blog15.fc2.com/tb.php/990-c732e270

この記事へのトラックバック
copyright ? 2005 夏と海と空と鯉 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。