夏と海と空と鯉
夏と海と空と広島カープが大好きなオヤジによる雑記帳です。
携帯からも同じアドレスで携帯版にアクセスできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
3位浮上
4点ビハインドの終盤8回に一挙6点を奪って大逆転勝利!
ヤクルトが負けて3位浮上!


2008年5月4日 セ・リーグ 広島
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜 0 3 0 1 0 0 1 1 0 6
広島 0 0 2 0 0 0 0 6 x 8
投 手
横浜 小林 —横山 —川村 —木塚 —寺原
広島 青木高2 —宮崎1 —大島2 —林2 —岸本1 —永川1
   
【勝】 岸本 1勝 0敗 0S
【負】 寺原 1勝 4敗 2S
【S】 永川 1勝 0敗 2S
横浜 40 6 15 6 6 1 2 1 0 .270

打率
広島 31 8 10 7 3 4 1 2 0 .268

▽本塁打 村田7号(1)(青木高)=2回、吉村7号(1)(林)=7回▽二塁打 内川、鶴岡、村田、大西2、小窪▽犠打 石井、小林▽犠飛 栗原▽盗塁 大西(1)石原(3)小窪(1)▽残塁 横10広4▽併殺 横1(石井—仁志—内川)シーボル=3回、広0▽暴投 岸本=8回 ▽審判(球)西本、森、有隅、木内 ▽試合時間 3時間10分


3点先行されて、2点を返して1点差にしながら、
ずるずると点差を広げられる展開。
普通ならそのまま行きそうな流れでした。

そんな中で、8回、代打緒方が久しぶりに打ったヒットで、
ガラッと流れが変わった。
それは、緒方の登場で、球場全体の雰囲気を変えたのかもしれない。
一球ボールになるたびにわき上がる大きな歓声は、
相手投手にはプレッシャーになったことでしょう。
いつも、甲子園で感じているような・・・・
そして逆に、
ランナーが出るごとに起こる割れんばかりの歓声は
カープの選手に勢いを与えたはず。
オイラは、あの逆転劇を生んだ裏には、
球場に詰めかけたファンの力が大きく働いたと思っています。

去年もそうでした。
ゴールデンウィークとかお盆とか、メモリアルな試合とか、
球場がお客さんで埋まった試合で、カープは強いんです。
しかも、神がかり的な攻撃も見せる。


ビバ!きょう市民球場に詰めかけた2万7千600人!

普段からこんなに満員に出来たら、もっと勝率上がるだろうなぁ!
てことで、行ける方はどんどんカープを勝たせに行ってくださいませ♪


それにしても、8回の攻撃のシーンは、
結果を知っていて見た録画でも鳥肌が立ちました。
先頭の代打緒方のセンター前ヒットから赤松がレフト前に続いて、
天谷ン四球で無死満塁。
アレックスは2ナッシングからの押し出し四球を選んで、
栗原のセンターバックスクリーン手前への大きな犠飛、
そして、代打前田智の左中間方向へのライナーのタイムリーで1点差。
さらに石原は根元に当たったような当たりだったけどしぶとく左前打で同点、
さらにさらに小窪が右翼線二塁打でついに勝ち越し。
さらにさらにさらに、東出の時にスクイズを外されたけど、捕手が捕り切れず、
記録は石原のホームスチールで追加点。


勝ち越しタイムリーの小窪は、乗ってますね。
すごく気持ちが前に出ているので、見ていて気持ちいいです。
「追い込まれたので食らいつこう」と初のお立ち台で言ったとおり、
2ストライクから半握り短く持ったバットに気持ちが表れていました。
そして、外の球を逆らわず右にライナーで2塁打。
大下軍曹もべた褒めでした。
はつらつした表情もいい!


もうひとつ、この逆転シーンで見逃せないのは、シーボルに代打前田
外国人優遇病のマーティーにしてはよくやった。
てか、代打出さんといけんような状態の選手を5番に入れんなよ。
とも思うけど、
まぁ、勝った気分にあまり水を差すことを書くのはやめましょう。
そろそろシーボは再調整の時期に来ましたかな。

この代打は、
きょう一貫して攻めの交代をしていたから出てきた発想だったのかな。
ぺローンを2回であきらめて、細かい継投。
ぺローンも結果が出せない。こちらも再調整かな。

1軍昇格の大島も失点したけど、
球は切れてたし、先発で結果を出してほしい。

永川がきょうもセーブ。
フォークの落ちもストレートの球速も申し分ないですね。
そろそろ信頼して見てみたくなってきた♪


天谷ンは3打数2安打で打率3割復帰。
初回の盗塁失敗が残念だけど、ほとんどセーフに見えたけどなぁ。。。。
タイムリーもあったし、戻ってきてます。



さてさて、きょうのオイラは、
予告通り八代にファームの試合を見に行ってきました。
結果は、途中まですごくいい試合で、4−0で負けていたところから
1軍のように連打で4−4に追いついて宮島さんも歌えたのに、
リリーフ投手が踏ん張り切れず、結局11−4の大敗。トホホ。
そんなトホホな気分の帰り道でしたが、
さすがに熊本ではほとんど雑音しか聞こえないRCCを
かすかに受信しながら1軍の大逆転が聞けたので、
元気に帰ることができました。
この八代の試合の様子は、また後日改めてレポします。



さぁ、5月5日、端午の節句。
こいのぼりの日本番、午後は天気も回復しそうだし、
試合は出来るんじゃないかな??
一気に5連勝で5割復帰しちゃいましょう!!
勢いを気にしない采配が得意の監督さんなので、敢えて言います。
ここは、勢いが大事です!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://summersea723.blog15.fc2.com/tb.php/997-131d83ed

この記事へのトラックバック
copyright ? 2005 夏と海と空と鯉 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。